« 慶事のマナー。 | トップページ | 『羅生門』と現代社会。 »

脊柱側湾症について②

こんにちは、かえる仔ですhappy01


アクセス解析を見てみたら、「脊柱側湾症」で検索している方が多くいらしたので
前回の記事をちょっと反省しました。
私自身はもう、この症状と一生付き合っていかなければならないのだから
どうにかうまくやっていこうという気持ちになれていますが、
今このワードで検索をしている方たちは不安でいっぱいかもしれません。
それなのに、手術で入れた金属が折れたとかアレルギー出たとか、
マイナスな情報ばかり書いてしまって・・・反省sweat02


そんなわけで、今日はプラスになるといいなぁと思って情報発信しますflair

私の手術を執刀してくれたドクターは、
日本で初めて内視鏡を用いた側湾症の手術を考案した方です。
16歳くらいからの付き合いなので、もう10年以上ですね。
とても気さくな方で、でも多くの執刀経験があり信頼できる方だと思います。
以前は近くの大学病院に勤務していらしたんですが、今は神奈川にいらっしゃるので
私はそこまで「追っかけ」をしています(笑)
片道3〜4時間かけての熱烈な追っかけですsmile
そのドクターでさえ、今回のアレルギーは初めての経験らしく
私以上にショックを受けている?!と思うほどでした。
せっかく傷跡少なくしているのに・・・と。
医者としての気持ちからなのか患者の立場にたってくれるからこその
気持ちからなのか、その辺はわかりませんが
機械的に診察をすることは決してしないドクターなので、私は大好きです。


そのドクターが以前言っていたことです。
朝起きたときに背骨をまっすぐにするイメージで
腕は頭の上の方に、足はその逆方向に伸ばすストレッチをすすめられました。

Cocolog_oekaki_2009_06_28_10_01

コレ、気持ちいいです。
ただし、くれぐれも無理はしない程度に。


それから、「しこを踏め」と言われました(笑)
これならもう金属折れる心配ないし、ダイエット効果あるらしいし
意外と腹筋背筋を使うのです。
側湾症は10代のころと、40代以降にその症状が変化すると言われます。
10代は成長期。
40代以降は筋力の衰えが原因のようです。
なので、少しでも腹筋背筋は鍛えておかなければと思うんですが、
寝た状態から上半身を起こす腹筋背筋のトレーニングは背骨に負担がかかりそうで怖い。
だから、私は時々しこを踏んでいますsmile


ストレッチや筋トレとは違うのですが、これもドクターに言われたこと。
荷物はリュック型がベストだそうです。
これは手術の後だったからかもしれませんが、
ネットで検索すると「片方に重いものを持つのはよくない」など出てくるので
そういった意味もあるのかもしれません。
正直、これは実践できてないです・・・
だって、仕事のときにリュック型のものは服装に合わない・・・
そのかわり、持つ手を意識的に変えてはいます。
肩が下がっている方にはあまり持たないということも意識して。


どうでしょうか。以前の記事よりは少しプラス内容になったかしら・・・?
今、側湾症だと診断されて不安を感じている方。
人間誰しも完璧ではありません。精神的にも肉体的にも。
自分を不幸だと思わず、うまく付き合っていく方法を見つけましょうhappy01
少なくとも、私は側湾症だったから人生不幸だとは思っていませんconfident
まぁ、色々と制限される部分はあるけれど、
鬱々として過ごすより、出来る範囲のことで楽しみたい。
自分を幸せにするのも自分だし、自分を不幸にするのも自分の心のあり方だと思うので。

|

« 慶事のマナー。 | トップページ | 『羅生門』と現代社会。 »

コメント

内視鏡の病院とは、茅ヶ崎の江原先生ですか?
違っていたらそこの病院を教えて頂きたいです!

投稿: りつ | 2010年1月28日 (木) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1229673/30313118

この記事へのトラックバック一覧です: 脊柱側湾症について②:

« 慶事のマナー。 | トップページ | 『羅生門』と現代社会。 »