« 自分を奮い立たせる言葉。 | トップページ | 慶事のマナー。 »

脊柱側湾症について。

こんにちは。カエル仔ですhappy01

今日は、健康について話したいと思います。

タイトルの「脊柱側湾症」とは、背骨が歪む症状を言います。

私は中学生時代、バスケットボール部basketballに入っていたんですが

この側湾症からくる腰痛や足の痺れのせいで

途中からマネージャーに変更しました。

当時は原因がよくわからず、

東洋医学の整体などで矯正しようとしたんですが効果はなくdown

色々な整体師さんに診てもらう中で、自分が側湾症であると知りました。

高校2年くらいから大学病院hospitalに通うようになり、

腰痛や足のだるさ・しびれがあったことから19歳で矯正手術を受けました。

(側湾症にはその湾曲の角度を測る方法があるのですが、

確か私は40度前後でした。)

その手術は内視鏡を使って行うもので、傷が小さくて済むというのが

一番のメリットですshine

しかし、背中を大きく切って行う手術に比べて矯正力が比較的弱いという

デメリットがあるらしく、重度の側湾の方(50度以上?)には向かないそうです。

私は、この手術のおかげで、傷も小さく済んだし、

腰痛や足の痺れからも解放されましたhappy02shine



・・・が、手術から数年経ったある日、

「太ったなぁ」と思い少しストレッチをしたら・・・

なんと、矯正のために入れていた金属が中で折れましたwobbly

それほど体をひねったわけでもないし、

かと言ってそうそう折れるものでもないようなので運が悪かったとしか

言いようがありませんcrying

そして、2度目の手術。23歳の時でした。

1度目の手術から時間は経っていたものの、レントゲンを撮ってみると

少しずつ矯正が戻っているかもしれない・・・ということになり

今度は背中からバッチリ金属を入れて固定しました。

その後、経過も良好で病院とは少し距離を置いた生活ができましたhappy01

傷が増えたのは仕方がない。健康面で安心できることが一番だ。



・・・と思っていたのですが、なんと、今度は金属アレルギーが・・・sweat02

正直、「まじかよsign02またかよsign02」という感じですdown

私の中に入っているのはステンレス製の金属なんですが、

半年ほど前から背中の傷痕に炎症が・・・。

少し炎症が治まったり、逆に悪化したりを繰り返していたので

経過を見ていたんですが、結局再度オペを受けることになりました。

今度は、入れた金属を出すオペ。たぶん、今年の夏は入院してます。

MRIで調べたところ、背骨の矯正はバッチリだし

金属外しても大丈夫とのことですが、やっぱりこう何度もあるとちょっと不安ですsad

二度あることは三度ある・・・

どこを二度目と考えるかによっては、もう一度何かの問題が起こるような気がして。

主治医曰く、「今まで執刀した中でアレルギーが出たのは初めて」ということなので

よほど私は運が悪いのか?!と思いましたが、

東京の水道水で沸かしたお風呂に入ると肌がガッサガサになるくらいなので

結構皮膚が弱いという体質が問題だったのかなぁ・・・。



とまぁ、こんな感じで、ただいま闘病?中です。

病院とは仲良しですsweat02

脊柱側湾症の人は世の中に沢山いると思うので(街に出るとアレ?と思うことしばしば)、

手術経験者の話として参考になれば・・・と思います。

また、何か質問がありましたら気軽にどうぞflair

私に答えられることなら答えますので・・・catface

|

« 自分を奮い立たせる言葉。 | トップページ | 慶事のマナー。 »

コメント

大分古い記事に失礼します。
私は小学生の頃に「特発性思春期側湾症」に
なりました。背骨が二箇所曲がっています。
どちらも30度前後ではありますが、
肩と骨盤が歪んでいます。

来年高校に入るのですが
バスケをやろうと思っています。
バスケは姿勢を低くするので
腰に負担がかかると思うのですが
大丈夫でしょうか。

投稿: HSK | 2014年1月 3日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1229673/30272080

この記事へのトラックバック一覧です: 脊柱側湾症について。:

« 自分を奮い立たせる言葉。 | トップページ | 慶事のマナー。 »