« 歩幅狭く一歩前へ。 | トップページ | たとえばこんな一日。 »

足下の安定をはかること。

こんばんは、かえる仔ですhappy01

私の住む地域では、2週間ほど前に梅雨明けが宣言されたんですが、
うーん…明けてませんね、コレ。
ここんところずっと雨ですrain
まぁ、でも雨も必要だけどねbud
山口や九州北部を襲った豪雨は恐ろしいものですが、
私の地域では、宣言通り梅雨明けしていたら
作物への影響が少し心配だったかもしれません。

そうそう、テレビで「ネリカ米」についてやっていました。
映像で見たんだけど、水の張っていない普通の土から
稲が生えている様っていうのは、見慣れないせいか少し不思議。
このネリカの生産量を増やそうと、斜面の林を伐採して田んぼにしたものの
雨が降った時に栄養の高い土壌が流されてしまい、
結果としてネリカが枯れてしまうということがあるらしく、
それを防ぐために日本の技術者が指導をしている…てな話題のニュースでした。
土嚢を積んで、だんだん畑の要領で肥沃な土壌の流出を防ぐという対策を立て
それを現地の人に指導していました。
アフリカにはだんだん畑というものがないんですね。
「こんな技術は初めて知った!」とコメントしている現地の方がいました。

ネリカには色々と不安要素もあるようですが(現に、上の内容でも
田んぼを増やすために森林伐採を進めているわけだし…)、
でも、日本の技術で使えるものを紹介し指導していく
といった内容にはちょっと感動しましたshine
経験がある人から、未経験の人たちに知恵のバトンをつないでいく。
これって、ただお金を払うより何倍も優しさを感じますね。
そしてきっと、アフリカで指導している日本の技術者たちも
現地の人たちから色々なバトンを受け取ってくるんだろうなぁ。

と、なんだか素敵!という気持ちになったんだけど、
それだけではなく、やっぱり、現地の人が
自分でどうにか出来るようにならなきゃダメなんだよなぁ。。。
物資や資金の援助で一瞬だけ助けるんじゃなくて
(それが必要な時ももちろんあるだろうけど)
自立を促す形で支援をしていかなければ、お互いの将来は明るくないよねmist

自分の足で立っている時は人を支えることできるけど、
自分の足下が不安定になった時は人を助けることできない。
不安定な足下の人が増えれば増えた分、さらに不安定な足下の人が増えて
負のスパイラルだよ…shocktyphoon

日本国内で考えてもそう。
定額給付金とかじゃなくって、多くの人がちゃんと職について
自立して生活していけるようになるための支援が必要なんだよね。
(と言いつつ、給付金、薄給の私はありがたく使わせていただきましたがcoldsweats01

今、私はありがたいことに教育という現場にいることが出来ていて、
教育ってとこから「自立して生活できるようになるための支援」を
考えてみたいなって思う。
でも、非常勤を2年も続けると、私も自分の足下が不安定になってきてるから
まずは自分がしっかり立たないと…!!
ただ、自分がしっかり立つための転職でも、
何か「自立の支援」に関われる仕事を目指したいと思ってます。flair

|

« 歩幅狭く一歩前へ。 | トップページ | たとえばこんな一日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1229673/30708435

この記事へのトラックバック一覧です: 足下の安定をはかること。:

« 歩幅狭く一歩前へ。 | トップページ | たとえばこんな一日。 »