« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

側湾症…その後。手術によって制限されたこと

こんばんは、かえる仔ですhappy01
無事、生きておりました。

いや、特に何があったわけではなく、元気いっぱいです。
ただ、ブログさぼりがちだっただけ…coldsweats01
本の虫になっていました。

さて、今日はリクエストにお答えして(笑)
「側湾症…その後」第二弾です。
手術をして制限されたこと、がテーマです。

術後半年から1年くらいはコルセットをしていたので
やっぱり「普通の生活」とはいきませんでした。
とは言っても、耐えられないほどではなく。
困ったのは、重い荷物を持つことを禁止されたことかな…?
大学に通っていたので、荷物少なく!と言われても
教科書とか辞書とかでなんだかんだ言って重くなってしまう。
せめて背中への負担を減らすために、と
デイパックを使っていましたが、
好みのファッションと合わず困りました。
デイパックに合うように…、
コルセットが目立たないように…、
ということでお洒落の制限はされましたね。

でも、手術をして骨格の歪みが気にならなくなった分
今は好きなスタイルを存分に楽しめているので
今思えば、術後は「ちょっとの我慢」だったと思います。

あ、あと、「絶対に転ぶな」と言われたかな…。
転倒の危険があることはとにかく禁止だったような。
そして、恋人がいる場合は、イチャイチャもちょっと我慢coldsweats01
これは理学療法士さんから、やたら心配されました。苦笑


コルセットはずれてからも、
ちょっと制限されていることはあります。

例えば、乗馬やバイクは辞めた方がいいと言われた気がします。
やっぱり骨がくっついたとは言え、
落ちたり転んだりする危険が高いので。
そんな観点から、スノボやバスケなど
転んだり人とぶつかる可能性のあるスポーツは避けています。
これは禁止された…というより、自分で避けてます。
やっぱり怖いから。
同じような理由で、ハードな筋トレやストレッチも避けています。
あとは、あまりに重いものを
アンバランスな体勢で持たないようにしています。

けど、お酒はいーーーーっぱい呑むし、
むしろそっちで転倒する危険のが高いかもcoldsweats02

うーん、あまり参考にならないですかねcoldsweats01
そんなに制限された!と感じる生活ではなかったと思うし
今も苦痛は感じていません。
やっぱり、一番「制限された」と感じたのは、
コルセット着用時のお洒落なのかなぁ。
側湾症は女性の方がなる確率が高いようですが、
やっぱり女のことしてはそこが辛かったかな。
ちょっとの期間なんですけどねsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »